検索キーワードを解析

検索キーワードは集客から解析データを参照できます。

ただし、2015年4月現在、GoogleAnalyticsで参照できるレポートは以下2種類あります。

GA_keywordreport

検索クエリ

レポート閲覧経路:集客 > 検索エンジン最適化 > 検索クエリ

キーワード毎の検索エンジンでの表示回数が参照できます。クリック率が悪いキーワードはページタイトルなどの見直しを検討しても良いかもしれません。

Googleウェブマスターツールと連携が必要です。データが参照できない場合はサポートにお問い合わせください。

オーガニック検索

レポート閲覧経路:集客 > キャンペーン > オーガニック検索トラフィック

こちらは、サーバーに残るアクセスログを解析したデータになり、検索クエリよりも細かく精度は信頼できますが、Googleなどの検索エンジン上で表示された回数は把握できません。また、2013年頃、Google検索が暗号化した事により、「Not Provided」というデータが半分以上占める事も少なくありません。

関連記事

G Suite(旧:GoogleApps)プロフィールの設定変更
登録している名前、電話番号、メールアドレスの変更などを行う場合、アカウント画面に進む必要があります。 右上のアイコンから「アカウント」に進みます。 ▼ 「個人情報とプライバシー設定」のブロックから「個人情報」のページに進みます。 ▼ 変更したい項目の右にある「>」ボタンをクリックすると、それぞれ変更、追加、削除などが可能です。 ※現在……
GoogleAnalytics基本操作
GoogleAnalyticsにアクセス Google Analyticsに対応済みのGoogleアカウントでログインした状態で、下記短縮URLからGoogle Analyticsにアクセスします。 http://ow.ly/4Y0B3 Google Analyticsにアクセスすると、下図のような画面が表示されます。対象となるサイトの「すべてのウェブサイ……
Googleスライドを使って、キャプチャーした画像をデスクトップ保存したい場合
Googleアカウント(gmailなど)があれば無料で使えるGoogleスライドを使って、キャプチャーした画像をデスクトップ保存する方法になります。 特に、Windows10でできる[Windowsボタン]+[Shift]+[s]を同時押しキャプチャーは、コピーだけされるので、どこかに貼り付けて保存しなければ、画像データ化できません。 Photoshop……
ランディングページ
ランディングページとは、ユーザーが最初に踏み入れたページです。大抵はHOMEページが一番ですが、検索エンジンに強いサイトでは、HOMEよりも特定のページの方が集客できているケースもあります。 ただし、2015年4月現在、ランディングページを参照できる箇所が2つあり、一つは内に、もう一つは内にあります。 「集客」内のランディングページ 参照経路:集客 &……

フリーワード検索で探す